台風15号でも始発から定時運行 黄色の電車が首都圏最強?

公開日: 更新日:

 台風15号の記録的な暴風雨は、通勤通学の足を奪った。首都圏の鉄道各社は運休や遅延が相次ぎ、予定した時間になっても運転が再開できないケースも続出。JR東日本の在来線だけでも、277万人が影響を受けたという。

 そんな中、武骨に電車を走らせ続けたのが西武鉄道だった。同じ黄色ボディーのJR総武線は早々にお休みを決めたが、こちらは始発から定時運行。途中で一部列車に遅延が出たものの、せっせと客を運んだ。

 この“偉業”は、スマホをいじりながら運行再開を待ちわびていた人たちの心をわしづかみにした。ツイッターでは西武線を「首都圏最強」と持ち上げる人たちも登場。普段は田舎者のレッテルを貼られがちな利用者も、さぞや鼻高々だったことだろう。

 はたして西武線は、列車や線路がとりわけ頑丈にできているということなのだろうか。広報部の担当者は「運休を判断する基準は他社と変わりません。今回は、たまたまその基準を満たさなかったというだけです。特別なことはありません」と謙遜(?)する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

もっと見る