台風15号でも始発から定時運行 黄色の電車が首都圏最強?

公開日: 更新日:

 台風15号の記録的な暴風雨は、通勤通学の足を奪った。首都圏の鉄道各社は運休や遅延が相次ぎ、予定した時間になっても運転が再開できないケースも続出。JR東日本の在来線だけでも、277万人が影響を受けたという。

 そんな中、武骨に電車を走らせ続けたのが西武鉄道だった。同じ黄色ボディーのJR総武線は早々にお休みを決めたが、こちらは始発から定時運行。途中で一部列車に遅延が出たものの、せっせと客を運んだ。

 この“偉業”は、スマホをいじりながら運行再開を待ちわびていた人たちの心をわしづかみにした。ツイッターでは西武線を「首都圏最強」と持ち上げる人たちも登場。普段は田舎者のレッテルを貼られがちな利用者も、さぞや鼻高々だったことだろう。

 はたして西武線は、列車や線路がとりわけ頑丈にできているということなのだろうか。広報部の担当者は「運休を判断する基準は他社と変わりません。今回は、たまたまその基準を満たさなかったというだけです。特別なことはありません」と謙遜(?)する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る