専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

公開日: 更新日:

 災害にもろい都市部の弱点がまた露呈した。台風15号の直撃を受けた首都圏は大混乱。鉄道も電力もストップし、140棟の住宅被害も出た。今後も台風や地震の直撃が予想される中、何をどう備えればいいのか。

■日本近海で発生することがと特徴

 9月になってハイペースで台風が量産されている。例年は8月に発生が最も多いが、2011年からの8年間では9月が平均5.25個で、8月の5.0個を逆転している。

「近年の台風の特徴は、発生地点が日本により近い場所になっていることです。台風15号も南鳥島付近で5日午後3時ごろに発生し、9日未明にはあっという間に千葉市付近に上陸。日本の近くで発生するため上陸までの時間が短く、勢力も“壮年期”を保ったままの状態でやって来ます」(気象予報士の森田正光氏=ウェザーマップ会長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る