世界に唯一!開けたての味を完全に保つ日本酒だけを置く店

公開日: 更新日:

 日本酒の一升瓶を何本も揃えている店で、「でも、味がちょっと……」と感じたことがある人は少なくないのでは?

 真空に近い状態で出荷される日本酒は、いったん開栓すると空気が入って酸化が進む。おいしく変化するものもあるが、酸化が進むと質が変化し、“本来の味”が失われてしまうのが原因だ。

 しかし、9月20日に東京・大井町にオープンした「國酒文化振興酒場」では、いつでも100%開けたての味を楽しめる。世界でたったひとつの「酸素がない空間で栓抜きや栓の差し込みをし、最後の一滴まで全くお酒を酸素に触れさせない」機械を導入しているからだ。「お酒の造り手が届けたいと思った味をそのままお客さんに届けたいと思った」と話すのは、同店のオーナーで、機械を発明した吉田英治さん(49)。

 もともとお酒をあまり飲めず、飲めるならおいしく飲みたいと思っていた吉田さんは28歳の頃、「ワインの酸化を完全に止める機械がない」と聞き、それなら自分で作ってみようと思い立った。会社員だったので使える時間は土日だけ。東急ハンズなどで材料を購入し、試行錯誤の末、2年目に完成。食品分析センターに持ち込むと、「完全に酸素に触れない仕組みになっている」とのお墨付きをもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

    どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

  2. 2
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  3. 3
    全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

    全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

  4. 4
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  5. 5
    TOKIOが土地購入「福島県西郷村」は人口増加エリアで低い高齢化率、新幹線も停まる凄い村

    TOKIOが土地購入「福島県西郷村」は人口増加エリアで低い高齢化率、新幹線も停まる凄い村

もっと見る

  1. 6
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  2. 7
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  3. 8
    次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり

    次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり

  4. 9
    「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

    「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

  5. 10
    泥酔ベロベロ財務次官候補が電車内で大暴れ逮捕…終電間際なのに公用車を使わなかったワケ

    泥酔ベロベロ財務次官候補が電車内で大暴れ逮捕…終電間際なのに公用車を使わなかったワケ