田舎暮らしの達人が語る 自然災害の脅威と人的トラブル

公開日: 更新日:

 千葉県に爪痕を残した台風15号の被害によって、停電や断水に苦しむ人が続出した。特に被害が激しかった鴨川近辺は最近、都会からの移住先として人気の田舎暮らしの地となっている。しかし、夢の田舎暮らしを始めたと思ったら、このような自然災害に遭遇することは珍しくない。

 筆者は長野、新潟、兵庫で田舎暮らしの体験があるが、長野の小谷村に移り住んだ2012年には、観測史上最悪といわれる大雪に遭遇。最寄りのJR大糸線は2カ月以上、不通となった。

 今週、国連総会で主要議題に挙がったのが地球温暖化と気候変動だ。気象が荒っぽくなっているのは都会で暮らしている人も実感しているはずだが、自然の中では生活や命にも直結する。移住先の選定にあたっては、くれぐれも注意が必要だ。地形や周囲の状況などよく見極める必要がある。

 例えば筆者が19年まで1年間弱暮らした八ケ岳山麓の長野県富士見町では3日間程度の停電はしょっちゅうあり、5日間の停電もあった。原因は戦後植林したカラマツとアカマツだ。旅行者にはロマンチックに見えるカラマツ林だが、今は一斉に寿命を迎えていて、台風や雪のたびに倒れ、長期停電を起こしたり、道路を塞ぎ、また建物にも被害を及ぼしていた。少しでも天気が荒れると凶器に一変してしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る