【刺し身クラゲ】玄米黒酢を混ぜたタレがおいしさの決め手

公開日: 更新日:

餃子の店 您好(東京・幡ケ谷)

 看板メニューの餃子のレシピ紹介は最後に。メインの餃子登場まで酒をチビチビ飲みながらつまみを楽しみたい時にピッタリなのが、刺し身クラゲだ。

「この料理はタレが全て。きちんと作った方がおいしい」(野坂さん)

 中国の黒酢に日本の玄米黒酢を混ぜるのがポイント。中国の黒酢だけだと日本人にはきつく感じる。玄米黒酢が入ることでまろやかな味わいになるという。 

 青森出身の野坂さんは工業高校卒業後、会社員をしていたが、ある友人の影響で中華料理に興味を持ち、料理の世界に飛び込んだ。独立して店を構えた時、餃子を「推し」にしたのは、「みんなが好きな餃子がいいんじゃないかな」と思ったから。

 野坂さんの明るく優しい人柄が満ちている店。従業員たちの雰囲気もよく、記者が店にお邪魔するようになって20年以上経つが、いつ行っても気持ちのいい時間を過ごせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  9. 9

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  10. 10

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

もっと見る