菊池康平<4>13カ国目のボリビアで念願のプロ契約を獲得

公開日: 更新日:

 パソナを1年休職して、向かったボリビア。ところが、ボリビアに着いてすぐ、食事を取り過ぎて食中毒になり、入院してしまったんです。その前に行っていたパラグアイの寮では食事に困る環境でしたが、ボリビアで訪れた地には、飲食店も食べ物を買える店も充実していて、「何でも食べられる!」と喜んで食べ過ぎてしまったんですね。

 ただ、知り合いのツテで紹介してもらったチームがあり、登録期限も決まっているので、完治するまで悠長に入院している場合ではなく、結局、フラフラしたまま練習場に向かいました。

 そのチームでは、僕は本来はFWなんですが、DFだと嘘をつきました。というのも、パラグアイのときに、日本人だからということで他の選手から嫌がらせをされて、まったくボールが回ってこないということがしょっちゅうあったんです。それでは自分の実力を見せることもできないので、ここではDFということにしようと思いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る