菊池康平<4>13カ国目のボリビアで念願のプロ契約を獲得

公開日: 更新日:

 パソナを1年休職して、向かったボリビア。ところが、ボリビアに着いてすぐ、食事を取り過ぎて食中毒になり、入院してしまったんです。その前に行っていたパラグアイの寮では食事に困る環境でしたが、ボリビアで訪れた地には、飲食店も食べ物を買える店も充実していて、「何でも食べられる!」と喜んで食べ過ぎてしまったんですね。

 ただ、知り合いのツテで紹介してもらったチームがあり、登録期限も決まっているので、完治するまで悠長に入院している場合ではなく、結局、フラフラしたまま練習場に向かいました。

 そのチームでは、僕は本来はFWなんですが、DFだと嘘をつきました。というのも、パラグアイのときに、日本人だからということで他の選手から嫌がらせをされて、まったくボールが回ってこないということがしょっちゅうあったんです。それでは自分の実力を見せることもできないので、ここではDFということにしようと思いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る