北出恭子
著者のコラム一覧
北出恭子

温泉専門家であり温泉タレント。温泉ソムリエなど多数の温泉に関する資格を取得し、現在「温泉家」として温泉施設の監修や講演などを行う。年間入湯数は300以上。

長崎・雲仙温泉「雲仙九州ホテル」は“夫婦のため”のホテル

公開日: 更新日:

 今回ご紹介する宿は「大人のデート」がコンセプト。夫婦にオススメのホテルです。

 創業は1917年。1年ほど前に全面リニューアルしました。雲仙が外国人保養地だった頃のクラシカルな洋式と、温泉旅館の和式を取り入れた外観や内装は、モダンながらも“雲仙らしさ”を感じます。中庭には、ツツジやモミジなど雲仙を代表する木や花が水盤を取り囲み、非日常空間を演出。客室のガラス窓からは大迫力の雲仙地獄が。こんなにも地獄のすぐそばに立っているホテルはおそらく世界でここだけではないでしょうか。

 さて、このホテルがなぜ夫婦向けなのか。理由その1は「子ども向けではない」とホームページに明記していること。子づれではなかなか夫婦でくつろげないですからね。

 理由その2は、2階と屋上階の2カ所にある「バーがすべて無料」。せっかく雰囲気の良いホテルのバーで2人で飲もうと思っても、しっかり者の奥さんは「もったいないから」となりがち。でも無料なら誘いは断れませんよね。

 理由その3は「大浴場がない」こと。客室付きのバスルームに入るしかないのです。しかもガラス張り。いやが上にもムードが高まります。地獄地帯で自然につくられた酸性硫黄泉は、ピーリング作用で陶器のようなツルツル肌にしてくれます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る