北出恭子
著者のコラム一覧
北出恭子

温泉専門家であり温泉タレント。温泉ソムリエなど多数の温泉に関する資格を取得し、現在「温泉家」として温泉施設の監修や講演などを行う。年間入湯数は300以上。

長崎・雲仙温泉「雲仙九州ホテル」は“夫婦のため”のホテル

公開日: 更新日:

 今回ご紹介する宿は「大人のデート」がコンセプト。夫婦にオススメのホテルです。

 創業は1917年。1年ほど前に全面リニューアルしました。雲仙が外国人保養地だった頃のクラシカルな洋式と、温泉旅館の和式を取り入れた外観や内装は、モダンながらも“雲仙らしさ”を感じます。中庭には、ツツジやモミジなど雲仙を代表する木や花が水盤を取り囲み、非日常空間を演出。客室のガラス窓からは大迫力の雲仙地獄が。こんなにも地獄のすぐそばに立っているホテルはおそらく世界でここだけではないでしょうか。

 さて、このホテルがなぜ夫婦向けなのか。理由その1は「子ども向けではない」とホームページに明記していること。子づれではなかなか夫婦でくつろげないですからね。

 理由その2は、2階と屋上階の2カ所にある「バーがすべて無料」。せっかく雰囲気の良いホテルのバーで2人で飲もうと思っても、しっかり者の奥さんは「もったいないから」となりがち。でも無料なら誘いは断れませんよね。

 理由その3は「大浴場がない」こと。客室付きのバスルームに入るしかないのです。しかもガラス張り。いやが上にもムードが高まります。地獄地帯で自然につくられた酸性硫黄泉は、ピーリング作用で陶器のようなツルツル肌にしてくれます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る