ATMの急増にETFの登場…加速するビットコインの日常生活化

公開日: 更新日:

仮想通貨編(10)

 日本ではいまだ怪しいとのイメージが払拭できない仮想通貨(暗号資産)だが、このままでは、世界に後れを取ってしまうかもしれない。わかりやすい証拠のひとつがビットコインATM(現金自動預払機)だ。文字通り、ビットコインを手軽に売買できるATMだが、2018年以降、設置台数が急激に増えており、世界で6000台を超えた(Coin ATM Radar)という。米国だけで4000台を超える。国内にも渋谷や六本木などに設置されていたことはあるようだが、現在、稼働しているATMはなさそうだ。日本では話題性はあるものの、実際に取引しているのはごく一部の投資家だけだが、世界ではビットコインが日常生活の中に入り込みつつあるということだろう。

 もうひとつ、ビットコインの普及を加速しそうな話題がある。ビットコインETFの登場だ。ETFは株式市場に上場された投資信託で株式と同様、時価で売買ができる。たとえば日経平均のETFなら価格が日経平均に連動して動く。ビットコインETFならビットコインの価格に連動することになる。より手軽にビットコイン投資ができる手段としてETFは期待されていたが、上場するには金融当局の承認が必要。すでに米国では申請書が提出されていたが、SEC(米国証券取引委員会)は、市場自体が未成熟で、価格操作を受ける可能性があるとして、投資家保護の観点などから、これまで承認を保留にしてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る