ATMの急増にETFの登場…加速するビットコインの日常生活化

公開日: 更新日:

仮想通貨編(10)

 日本ではいまだ怪しいとのイメージが払拭できない仮想通貨(暗号資産)だが、このままでは、世界に後れを取ってしまうかもしれない。わかりやすい証拠のひとつがビットコインATM(現金自動預払機)だ。文字通り、ビットコインを手軽に売買できるATMだが、2018年以降、設置台数が急激に増えており、世界で6000台を超えた(Coin ATM Radar)という。米国だけで4000台を超える。国内にも渋谷や六本木などに設置されていたことはあるようだが、現在、稼働しているATMはなさそうだ。日本では話題性はあるものの、実際に取引しているのはごく一部の投資家だけだが、世界ではビットコインが日常生活の中に入り込みつつあるということだろう。

 もうひとつ、ビットコインの普及を加速しそうな話題がある。ビットコインETFの登場だ。ETFは株式市場に上場された投資信託で株式と同様、時価で売買ができる。たとえば日経平均のETFなら価格が日経平均に連動して動く。ビットコインETFならビットコインの価格に連動することになる。より手軽にビットコイン投資ができる手段としてETFは期待されていたが、上場するには金融当局の承認が必要。すでに米国では申請書が提出されていたが、SEC(米国証券取引委員会)は、市場自体が未成熟で、価格操作を受ける可能性があるとして、投資家保護の観点などから、これまで承認を保留にしてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る