中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

秋相場の主役は「英語」と「パソコン」 狙うは家電量販店

公開日: 更新日:

 先週、平日の昼下がり、通信社の友人と東京・日本橋の大きなカフェに入った。ランチタイムは終わっているのに、ほぼ満席だった。驚いて友人に聞くと、「テレワーク(遠隔勤務)でしょう。みんなカフェで仕事ですよ」と。政府はテレワーク利用者を2017年の9%から、20年には15・4%に増やす計画である。カフェは、コーヒー一杯で長居されたのでは、座席回転率が落ちて、いずれ潰れるのではないかと思った。

 しかし、これは都心の風景で、郊外のカフェには見られない。静かなオフィスより、雑音の絶えないカフェの硬い椅子の方が労働生産性が高いとは「昭和」の私には信じがたい。まあ、嫌な上司や同僚に気を使わなくて済むのは利点かも知れない。

「デジタルディバイド」と言われて久しいが、パソコンを使いこなせなければ効率よく仕事ができない「令和」である。20年度から小学5、6年生の英語は「外国語」の「教科」になり通知表に成績が記載される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る