スーパープロを目指すよりも「一歩踏み出す」ことが大切

公開日: 更新日:

 どんな仕事をしていますかと尋ねられて、「○○社で部長をしています」と答える。

 こういう人は会社に依存し、会社が外資に買収されたとか、成果主義になったりすると、慌てふためくことになる。

 その点、「仕事のプロ」は経験やスキルを持ち合わせ、会社としても必要な人材として認知される。

「会社のプロではなく、仕事のプロになるためにはまず、仕事のプロになろうという意志を持つことから始まります。そのためには自分が携わってきた仕事に対して、何のプロなのかを見いだすことが必要でしょう」

 こう話すのは、「ラクスル」「ケアプロ」などの先進企業立ち上げに参画してきた守屋実氏。

「自分で見つけることが難しい場合は、職場や周囲の人に『俺って何のプロなのか』と10人くらいに聞いてみてください。その時、返ってきた答えにピンとくるものがあれば、それがあなたにとって『仕事のプロ』となるためのヒントになることでしょう。でも、そこで一気にイチローのようなスーパープロを目指してはいけません。大事なのは一歩踏み出すこと。私は事業創出のプロとして50以上の新規事業を立ち上げてきましたが、これは30年かけて行ってきたことの積み重ねなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る