幹事仲間でバーを運営…飲み会も企画や経営の勉強になる

公開日: 更新日:

 新しい一歩は、何も会社の中だけにあるわけではない。何のプロになるのかを探すために、会社の空いた時間を使ってバイトやボランティアをするという手もある。

「私はある時期、毎週金曜日の夜、20~24時の4時間だけ、東京・表参道の骨董通りにあるビルの地下でバーをやっていました。きっかけは、たびたび飲み会の幹事をやる仲間8人の、とある会話でした。『飲み会の幹事をやると、手間がかかった上に、キチンと飲み代を集金できなくて不足をかぶったりすることがあるよね? だったら自分たちで飲み会用のお店をやっちゃおうか』と。サラリーマン8人が運営する週末バー誕生の瞬間でした。お店は、『バーのようなところで会議をしよう』というコンセプトで知人が改装した貸会議室を借りました」

 料金は前金制の一律男性5000円、女性3000円。サービスは基本セルフで、お客さま自身が冷蔵庫から飲み物を取り出すスタイル。ただし、開業するにあたって、ひとつ工夫を凝らした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    弁護士・三輪記子さんは“浮気率6割” 独身時5人交際し3人と

  10. 10

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る