憧れの名車に安心して乗れる メンテ付きサービスのお得度

公開日: 更新日:

 自動車の人気車種はモデルチェンジで外観が大幅に変わると、パタッと売れなくなることがよくある。また、スポーツモデルのエンジンがダウンサイジングされると、かつてのモデルを懐かしむ声も聞かれる。かといって、故障を心配しながら、あえて維持費のかかる旧車を乗り回すのはなかなか難しい。

 そんな年式の高い車に、安全に、なるべくコストをかけずに乗りたいというニーズに応えるサービスがあるという。輸入中古車をメンテナンスパック付きで販売している「ポディウム」(東京・代官山)の三佐川世光さんに話を聞いた。

「私どもは50年以上、整備工場やガソリンスタンド、カー用品店、コーティング専門店を運営してきました。専門的なノウハウが必要な輸入車の整備などを得意としています。代官山という場所柄、輸入車に乗られるお客さまが多く、ディーラーのメンテナンスの保証期間が切れた輸入車のトラブルや整備など、さまざまなご要望を受けているうちに、お客さまから持ち込まれた車だけでなく、こちらが仕入れた状態のいい中古車を機関整備からボディーコーティング、タイヤやオイル、部品の交換などをすることで、少し年式の高い車でも、長距離でもトラブルなくドライブを楽しめる状態にして販売するサービスを2016年に始めました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る