職場のお荷物中高年「妖精さん」を生かす上手な関わり方

公開日: 更新日:

「妖精さん」をネットで検索すると、あるアニメのキャラクターとの解説がヒットする。もちろん、そのことではない。もうひとつの意味は、仕事をしないお荷物中高年のこと。最近の若手社員にはそう揶揄されていて、朝日新聞も今月19日付、26日付のオピニオン面で2週にわたり、取り上げたほどだ。どうせなら、“妖精”にならずにサラリーマン人生を終えたい……。

 19日付朝日新聞には、「まさに自分が妖精さん」としてこんな声が寄せられていた。

「会社では出来るだけ存在を消し、再就職のための活動をしています。(中略)あと、2年ほどで定年を迎えますが再雇用で更に5年まで在職が可能です。こんな状況が続くことは会社にも自分にも良くないことだと頭では分かっているのですがどうにもならないと思い悩んでいます」(神奈川県・50代男性)

 “妖精”の当事者が悩む一方、26日付には精密機器メーカー勤務の57歳がこう反論を寄せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る