西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

鮪喜(恵比寿)集中力アップ!新鮮な鮪は受験生の味方です

公開日: 更新日:

 次に<イクラ>を食しながら、思わず「アスタキサンチンがいっぱいなのよね」と独り言をつぶやいてしまいました。このアスタキサンチンには、強い抗酸化作用があって活性酸素を抑えることから、動脈硬化の予防をしてくれたり、アンチエイジングの効果も期待できるんですよね。抗酸化作用はビタミンEの1000倍! ともいわれ、シミやシワなど肌のトラブルも防いでくれるというから……受験生のお母さん! 美肌効果アリは見逃せません。

 ちらしのネタにもあるし、ランチメニューの茶碗蒸しにも入っている卵黄には、レシチンという成分があります。そのレシチンの構成要素のひとつであるコリンは、体内に吸収されると脳まで到達し、脳内の神経伝達物質アセチルコリンを作る材料となります。レシチンは不足するとイライラしたり、記憶力が低下するといわれています。受験生にレシチン不足は大敵! せっせと摂取したいですね。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る