西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

五代目野田岩(麻布)貫禄の鰻はビタミンなどの栄養が豊富

公開日: 更新日:

 サッカーJリーグが終盤を迎え、各地で熾烈な勝負を繰り広げています。J1は①横浜M②東京③鹿島が優勝争いを展開しています。J2はワタシが熱烈サポートしている柏レイソルが優勝。来季はJ1に復帰することになりました。うれしくてうれしくて仕方ありません。

 残留争いも混沌としており、最後まで目が離せません。もし降格してしまっても、サポーターの皆さまは1年後のJ1、J2復帰を目指して力の限り応援しましょう。

 24日、ワタシはサッカーとは違うフィールドで<真剣勝負>しました。 茨城・つくば市で開催された「第39回つくばマラソン」のフルマラソンの部にエントリーしたのです。結果は3時間9分59秒。自己ベストの更新はなりませんでした。

 でも、現時点での自分の能力のすべてを出し切って<勝負した>結果ですからね。後悔はしていません。次の勝負は来年3月の名古屋ウィメンズマラソン。必ずサブスリー(3時間切り)をかなえたいと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  6. 6

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  7. 7

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  8. 8

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  9. 9

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  10. 10

    安全保障を損得勘定でしか考えられない低知能の似た者同士

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る