西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

酢重Indigo(渋谷)太麺そばでコレステロール値を下げる

公開日: 更新日:

 100年に一度の再開発で生まれ変わった! そう言われるまでもなく、ついつい足が向いてしまいます。

 はい! そうなんですよ! 今回は渋谷に出掛け、ずっと気になっていた「酢重 Indigo 渋谷ストリーム」にお邪魔しました。

 メニューを開くと「もり」「おろし」「野菜」「とろろ」といった定番メニューに交じって「パクチー ココナッツ カレーそば」(1200円)、「十穀玄米チキンライス」(1200円)、「じゃじゃ麺」(1100円)など新鮮なネーミングが目に飛び込み、それだけでウキウキしてしまいました。ウフフ。

 で、オーダーしたのは「とり辛味そば」(960円)。女性に人気! と聞いたので頼まないではいられませんでした。そばの太さにはビックリ。通常の2倍はありそうな太麺です。キノコと鶏肉がゴロゴロッと入った辛味スープに付けながら口に運びます。ツルツルッとノド越しで軽快に味わうのではなく、コシも噛み応えも十分なのでモグモグッて食する感じかな。風味も食感もワタシにはドンピシャ! 

 昔から健康食品として愛されているのは、もちろん優れた効能があるから、ですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  7. 7

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    100歳まで生きる時代 老後資金は3つのステージで準備する

もっと見る