あおり運転厳罰化 加害者にならないための“おまじない”は

公開日: 更新日:

 6月30日から「あおり運転」の厳罰化がスタートした。

「いつもクールな俺には関係ないな」

 電機メーカーに勤める健一さん(仮名=48)の独り言に、妻は「はいはい、そう思っているのは自分だけ。あなた、運転中に結構イライラしてるわよ」。クギを刺されてしまったという。

 言われてみれば、急な車線変更や急ブレーキなど運転マナーの悪いヤツに出くわすと、健一さんは「何だ、コイツの運転は! 危ねえだろ、バカヤロー!!」なんて悪態をつくこともある。

 実は、突然ブチ切れてあおり運転の“加害者”にならないためには、その方がいいらしい。

「怒りの感情を抑え込んではダメ。黙っていると余計にイライラが募る。まずは“怒りの言葉”を口にしてガス抜きすることが大事です」と、米心理学博士で医学博士の鈴木丈織氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る