熊本・球磨川水害に専門家提言「ダムではなく流す対策を」

公開日: 更新日:

 台風シーズン前に発生した線状降水帯は九州を襲い、熊本県では球磨川の氾濫により死者を伴う大きな被害をもたらした。一方で、球磨川に流れ込む支流・川辺川に計画通りにダムを建設していれば氾濫しなかったのではという発言も見られる。今回の水害はダム建設によって防げる余地はあったのか。八ッ場ダム(群馬県)住民訴訟やスーパー堤防問題など河川行政問題に取り組んできた西島和弁護士に聞いた。

「九州をはじめ、各地で深刻な水害が起こっていることに心が痛みます。『どうにか防ぐことはできなかったのか』と考えることは当然で、大切なことです。しかし、水害直後に専門家から「川辺川ダムを中止しなければ氾濫を防げた」という話がでてきたのには、おどろきました。はっきり言えるのは、どこでどの程度の雨が降り、洪水が発生したのか、まだ十分にわからない時点で、『ダムがあれば防げた』という話はできない、ということです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

もっと見る