熊本・球磨川水害に専門家提言「ダムではなく流す対策を」

公開日: 更新日:

 台風シーズン前に発生した線状降水帯は九州を襲い、熊本県では球磨川の氾濫により死者を伴う大きな被害をもたらした。一方で、球磨川に流れ込む支流・川辺川に計画通りにダムを建設していれば氾濫しなかったのではという発言も見られる。今回の水害はダム建設によって防げる余地はあったのか。八ッ場ダム(群馬県)住民訴訟やスーパー堤防問題など河川行政問題に取り組んできた西島和弁護士に聞いた。

「九州をはじめ、各地で深刻な水害が起こっていることに心が痛みます。『どうにか防ぐことはできなかったのか』と考えることは当然で、大切なことです。しかし、水害直後に専門家から「川辺川ダムを中止しなければ氾濫を防げた」という話がでてきたのには、おどろきました。はっきり言えるのは、どこでどの程度の雨が降り、洪水が発生したのか、まだ十分にわからない時点で、『ダムがあれば防げた』という話はできない、ということです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る