石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校Webグラフィックデザイン/ユーザーエクスペリエンス(UX)講師。株式会社eumoでUIUX/PRを担当。新宿・ゴールデン街の入り口付近の店でバーテンダーもしている。

ネット物販で月250万円 売れる「商品ページ」のポイントは

公開日: 更新日:

 メルカリ、アマゾンなどを使ったネット物販に詳しい小川ひとみさん(32歳)を紹介しよう。

 小川さんはかつて編集者をしており、そこでネット物販でも有効な写真の撮り方やコピーの書き方などの技術を学んだ。

「本格的にネット物販(EC)を始めたのは2016年の1月ごろです。物販が軌道に乗り一時期は本業にしていたのですが、昨秋から東京の私立大学の職員もしています。ネット物販も含めて、主・副というより“複業”という感じです。いまは不用品販売がメインですが、ネット物販をしていると社会の変化に対応するように売れ筋も変わるので毎日発見があって楽しいです。コロナ禍でECが拡大しています」(小川さん)

 ネット物販ではどのような商材を扱っていたのか。

「ネット物販をメインで行っていた時は、服、バッグ、帽子、小物などのレディースファッションが9割、メンズファッションが1割。パジャマやジャージーなどの生活用品は平均的に売れ筋です。売り上げは月によって30万~250万の間でばらつきがありました。今は仕事や家事の合間に家の不用品を中心に販売を続けています。スマホを使ってすきま時間で出品できるのはネット物販のメリットです」

 小川さんの場合はファッションだが、自分が普段使っているものや好きなものは、顧客層の心理を掴みやすく相場観がわかる。そうなると仕入れの目も利いてくる。あとは写真とコピーでどのくらいの利益が乗るのか、直観的にわかってくるようだ。強者は海外のECサイトで売れそうな商品を見つけて、日本向けに商品ページをつくっている。自分が好きで飽きないものを商いにしているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…