<2>大規模PCR検査の切り札「プール方式」実験を進めていた

公開日: 更新日:

 7月末、保坂展人区長が打ち出した「世田谷モデル」。行政による検査を有症者や濃厚接触者に限らず、幅広く行う「社会的検査」とするには、劇的な体制拡充が必要で、7月比で10倍の1日当たり3000件を最終目標としている。そのための切り札が「プール方式」。世田谷区は実証実験を経て、10月から導入する計画だった。

  ◇  ◇  ◇

 9月7日の定例会見で保坂区長は「検査が広がらない理由の一つがコストだが、プール方式を採用すれば明らかにコストは下がる。正確性の担保について東大先端研で実験を繰り返している」と語った。

 社会的検査を区に進言したのは東大先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授。プール方式は先端研で継続的に実験が行われ、厚労省でも研究が続いている。

 プール方式は一人一人検査するのではなく、複数の検体を一度に検査する方法。例えば、4人から採取した検体を混合して検査をし、陽性が出たら、改めて個別に検査する。陰性になれば1度の検査で4人分の結果が分かるので、検査件数を劇的に増やすことができ、コストダウンにもつながる。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る