ハイキングやグルメも「鉄道フリーパス」で行楽の秋を満喫

公開日: 更新日:

 行楽の秋もそろそろ終盤。これから予定を立てるなら、鉄道のお得きっぷを検討してみたい(各詳細は公式HPなどで要確認)。

 まずは小田急電鉄のフリーパスをチェック。ハイキングが楽しめる「丹沢・大山フリーパス」はどうだろう。小田急線本厚木―渋沢間とバス指定区間(神奈川中央交通)、さらにAキップなら「大山ケーブルカー」も含めて3つの乗り物が自由に乗り降りできる周遊券で、小田急線発駅から本厚木―渋沢までの往復割引きっぷ(1往復)付き。2日間有効。周辺施設で受けられる優待も魅力だ。

 たとえば新宿発のAキップは2520円(大人、以下同)。フリー区間内(本厚木―渋沢)からの発売額を参考にするとフリーパス分は1750円になる計算なので、2520円ということは、なるほど往復もお得である。パワースポット・大山をはじめ、ハイキングコースはいろいろ。ぜひ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  2. 2

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  3. 3

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  4. 4

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  5. 5

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  6. 6

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  7. 7

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  8. 8

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  9. 9

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  10. 10

    東京五輪開催で「コロナに打ち勝つ」はつじつまが合わない

もっと見る