コロナ禍で4組に1組が夫婦仲改善も“セックスフル”が苦痛に

公開日: 更新日:

 大手メーカーに勤める真也さん(47=仮名)は、4歳下の妻と結婚して13年。小学生の一人娘がいる。

「コロナ禍で在宅勤務が増え、夫婦の会話も増えた。おかげで“コロナ離婚”どころか、むしろ夫婦仲は以前より良くなった感じです」と話すが、なぜか真也さんの表情は冴えない。

「以前の私は仕事、妻はママ友とお出かけなんて感じですれ違いも多かったんですが、今は一緒にいる時間が長い。それは苦にならないし、家族でゲームをしたり遊ぶようになって娘も喜んでいるんですが、“セックスフル”なのがキツイ」

 ほぼセックスレス状態だったのが、コロナ禍でめでたく“復活”。

「最初の頃は久しぶりで私も燃えましたが、妻は火がついちゃったみたいで、毎日のように求めてくるんです。これまでだったら『仕事で疲れている』という言い訳もできましたが、在宅勤務でそれは難しい。コロナ離婚よりは100倍マシでしょうけど、私はアッチが強い方じゃないし、さすがにフルでは身が持ちません」と真也さん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る