米モデルナの新ワクチンが画期的なワケ 元WHO専門委が解説

公開日: 更新日:

「えっ、またワクチン?」とビックリした人もいるだろう。米国のモデルナ社が16日、開発中の新型コロナワクチンが最終治験で94.5%の有効性が得られたと発表した。

 コロナのワクチンといえば、1週間前に米ファイザー社が有効性90%の成功を発表したばかり。そこに新たなワクチンの登場だ。

 モデルナもファイザーも「mRNA」という成分を使う点では原理は同じだが、保存方法が大きく違う。ファイザーのワクチンはマイナス70度以下の超冷凍で保存しなければならないというネックがあったが、モデルナはマイナス20度で済む。しかもファイザーは2~8度の冷蔵庫での保存期間が5日間が限度だったが、モデルナは30日間と6倍の長さだ。

「モデルナのワクチンは画期的といえます」と言うのはハーバード大学院卒で医学博士・作家の左門新氏(元WHO専門委員)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    スガ政権、東京はコロナウイルス実験のシャーレではない

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    GoTo後手後手見直し 菅政権「責任丸投げ」に知事カンカン

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

もっと見る