出井康博
著者のコラム一覧
出井康博ジャーナリスト

いでい・やすひろ 1965年、岡山県生まれ。早大政経学部卒業。英字紙「THE NIKKEI WEEKLY」記者などを経て、フリー。著書に「移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線」(角川新書)、「ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)など。

<28>菅首相が入国継続に固執した理由 出稼ぎ労働者の確保

公開日: 更新日:

 自民党には二階俊博幹事長の他にも“ベトナム好き”の政治家がいる。菅義偉首相である。

 昨年10月、菅氏が首相として初の外遊先に選んだのがベトナムだった。こうしたベトナム重視の背景には、「出稼ぎ労働者の確保」という命題がうかがえる。そのことは、コロナ水際対策の外国人入国制限をめぐる菅氏の姿勢からも見て取れる。

【写真】この記事の関連写真を見る(36枚)
【写真】この記事の関連写真を見る(40枚)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  10. 10

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

もっと見る