【高知のちくきゅう】穴の大きいちくわを探そう

公開日: 更新日:

土佐しらす食堂二万匹(東京・六本木)

 コの字カウンターからは丁寧な仕事ぶりがうかがえる。しらす談議を楽しみながら、地酒を味わう。

 こぢんまりとした店内には、ほかに2人がけのテーブル席が1卓のみ。仲間内で少人数で貸し切りもできる。しらすのコース(料理のみ)も、3500円、4500円、5500円とリーズナブルだ。

 さて、シンプルながら、「こんなにおいしかったっけ?」と思わせるツマミ。高知の居酒屋メニューの定番なんだとか。

「高知は海がありますから、練りものはおいしいです。しらすも、ちくわなどの加工品に入っています。穴の大きいちくわは県内なら簡単に手に入ります。“ちくきゅう”にする前提で、穴が伸びるんですよ」(岩本さん)

 スーパーで、大きめのちくわを選ぶ。キュウリは濡らしておくとさし込みやすい。数十秒で完成するので、お弁当のおかずを足したいときにもおすすめだ。

《材料》
・穴が大きめのちくわ  1本
・キュウリ 3分の2本
・マヨネーズ  お好みで適量

《作り方》
(1)キュウリを水で濡らす。
(2)ちくわの穴に丸ごとさし込む。
(3)食べやすい大きさに切る。
(4)お好みでマヨネーズをかける。

▽岩本梨沙(いわもと・りさ)
 高知県出身。ビストロ「銀座ストック」の元店長で、ソムリエとして経験を積む。高知県観光特使としてもPR活動し、親戚がしらすの製造販売をしていた縁もあり、「高知のしらすのおいしさを東京の人にも伝えたい」と専門店を開店。食材は自ら高知県で仕入れている。

▽土佐しらす食堂二万匹
 昨年1月に新宿区荒木町から六本木に移転オープンした、高知県のしらす専門店。店名の由来は「二万匹のしらすに埋もれたいから」。保存のための塩を極力抑え、保存料や漂白剤は使用せず、しらす本来のうま味が感じられる、ふわふわの極上品を提供。全メニューにしらすを使用した創作料理が楽しめる。現在はオンラインショップ(冷凍便)も展開中だ。

東京都港区六本木7―10―30 第2清水ビル1階
℡03・6455・4761
定休日 日・祝

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  7. 7

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  8. 8

    静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

  9. 9

    桑名正博さんの周りはイイ女だらけだった

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る