【しらすとたらこのアヒージョ】しらすはアンチョビー

公開日: 更新日:

土佐しらす食堂二万匹(東京・六本木)

 アヒージョといえば白ワインのイメージがあるが、これは日本酒に合う。

「しらすがほどよい塩分とコクを出すので、アンチョビーの役割ですね。白ごま油はスーパーに売っています。白ごまのうま味が強い。食材が和風なので、日本酒にもピッタリです」(岩本さん)

 店内には、高知の18蔵の地酒が並んでいる。しらす料理に合った日本酒だ。

 ちなみに「しらすとたらこのアヒージョ」は、「だし巻きしらす」「禁断のしらすバター丼」と並び店の3大メニューの1つ。アヒージョのオイルを常連さんは、このバター丼にかけて食べるのだという。

「自宅でも、締めにアヒージョのオイルをご飯にかけて食べてみてください」

 通常のしらすご飯よりも、しらすのうま味が凝縮されている。試す価値ありだ。

《材料》
・しらす 30グラム
・たらこ 大さじ1
・ブロッコリー、プチトマトなどお好みの野菜 適量
・白醤油(なければ醤油) 小さじ1
・にんにくスライス 2枚
・唐辛子お好みで 少々
・白ごま油 具材がひたる程度

《作り方》
(1)たらこの皮に切れ目を入れて、スプーンで中身を取り出しておく。
(2)耐熱皿に、たっぷりの白ごま油、しらす、①のたらこ、スライスにんにく2枚、唐辛子と、白醤油をほんの少し入れて混ぜる。
(3)お好みの野菜を入れ、直火で6~7分ぐつぐつさせて完成。

▽岩本梨沙(いわもと・りさ)
 高知県出身。ビストロ「銀座ストック」の元店長で、ソムリエとして経験を積む。高知県観光特使としてもPR活動し、親戚がしらすの製造販売をしていた縁もあり、「高知のしらすのおいしさを東京の人にも伝えたい」と専門店を開店。食材は自ら高知県で仕入れている。

▽土佐しらす食堂二万匹
 昨年1月に新宿区荒木町から六本木に移転オープンした、高知県のしらす専門店。店名の由来は「二万匹のしらすに埋もれたいから」。保存のための塩を極力抑え、保存料や漂白剤は使用せず、しらす本来のうま味が感じられる、ふわふわの極上品を提供。全メニューにしらすを使用した創作料理が楽しめる。現在はオンラインショップ(冷凍便)も展開中だ。

東京都港区六本木7―10―30 第2清水ビル1階
℡03・6455・4761
定休日 日・祝

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る