プロが伝授!家庭内感染を防ぐ掃除は「洗剤選び」で決まる

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの家庭内感染対策で、ドアノブや電気スイッチなどをせっせと拭いている人もいるだろう。しかしそのやり方、本当に合っている?

「感染防止の清掃で重要なポイントは、対象とする微生物を完全不活性化、つまりゼロにできる洗剤を使うことです」

 こう話すのは、病院の感染防止のための清掃方法を指導する「アムテック」代表の矢部要氏(医療環境管理師)だ。

 洗剤選びで役に立つのが、「EPA(米国環境保護局)のNリスト」と「NITE(ナイト=独立行政法人 製品評価技術基盤機構)」だ。

「アメリカでは感染防止洗剤の販売はEPAの認可が必要です。そのためには、第三者機関のテストで、対象とする微生物(ウイルスなど)が完全不活性化されていることが証明されなければなりません。つまりエビデンスがあるのです」(矢部氏=以下同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る