英“コロナワクチンパスポート”発給案 2週間の隔離が免除に

公開日: 更新日:

 世界中に広がる新型コロナウイルス。マスク着用と手洗いを徹底しても、食事の時にはマスクを外さざるを得ない。特に外食時には注意が必要になる。

 すでに国民の約2割(約1500万人)が1回目のワクチン接種を済ませた英国では今、ワクチンパスポートを発給する試案が政府内にあると、英サン紙が報じた。

 最終決定されるかは未定だが、ドミニク・ラーブ外相は14日、「レストランやパブに入店する時に、ワクチンパスポートが必要になるかもしれない」と語った。

 英政府は当初、同パスポートの発給を考慮している理由を、「国外に出た時の利便性」とした。現在は他国に到着後と帰国後、2週間の隔離が必要になるが、ワクチンパスポートがあればすぐに日常生活に戻れる。

 ラーブ外相はさらに、「この動きが陰性を証明する最善の方法になるかは分かりません。あらゆるオプションを探っているところです」と発言。

 日本にもワクチンパスポートが登場するか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る