鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

公開日: 更新日:

 医療系ベンチャー企業でジャスダック上場の「テラ」(東京都新宿区・平智之社長)が、鳩山由紀夫元首相や米国のオバマ元大統領を広告塔に使って、株式市場を欺く悪事を働いている疑いが浮上している。

 テラ社は昨年4月、新型コロナウイルスに感染した重症患者を再生医療の幹細胞で治療をする新薬の開発計画を発表。新薬での治療後、数日で人工呼吸器も不要になり治癒するという触れ込みだったが、治験の存在がはっきりせず、架空の計画だった疑いがあるのだ。

「友愛精神でお互いに協力、智恵を結集して開発を」

 昨年4月28日のテラ社の記者会見で、こう語りかけたのは、鳩山由紀夫元首相だ。壁面いっぱいの大型ビジョンには、鳩山氏とオバマ元米大統領の写真が並び大写しになり、会見に華を添えた。日米の大物の両者はテラ社の新薬開発を支える「国際新型コロナ細胞治療研究会」の発起人とのことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る