【サーモンのホイル焼きマルゲリータ風】“悪魔的”なソースのおいしさ

公開日: 更新日:

Äta(東京・代官山)

 大のバーベキュー好きだという掛川シェフは、メインはやはり魚が主役。サーモンのホイル焼きもよく作るという。

「人数が多いときは、ほぼ丸ごと1匹でやることもあって、つまみにもオススメです」

 ホイル焼きと聞くとタマネギやニンジン、きのこなどをのせたお総菜っぽい料理のイメージがあるが、ナポリピッツァの定番、マルゲリータの具であるモッツァレラチーズ、トマト、バジルをのせて焼く。ホイルを開けた瞬間、とろ~りとろけたチーズに赤と緑の見た目はまさしくピッツァ!

「バゲットを一緒に焼いてジャブジャブしながら食べてください」

 ふっくらとしたサーモンがおいしいのはもちろんだが、具のうま味が溶け出したバターソースは悪魔的なおいしさ。カリッと香ばしいバゲットを浸して食べれば、もう止まらない。これだけで酒が飲める! むしろこのソースのためのホイル焼きかも。

《材料》 
・サーモン  80グラム
・ミディトマト  2個
・モッツァレラチーズ  70グラム
・レモン  5グラム
・オリーブオイル  20グラム
・バジル  2枝
・バター  40グラム
・バゲット  適量

《作り方》 
(1)サーモンは塩少々(分量外)をふってしばらく置き、キッチンペーパーで水気をふき取る。トマトとモッツァレラチーズは薄くスライスする。レモンは薄いクシ形に切る
(2)アルミホイルにオリーブオイルをたらし、皮目を下にしてサーモンを置く。モッツァレラチーズ、トマト、バジルの順に重ね、最後にバターとレモンをのせて包む
(3)250度に予熱したオーブンで15分焼き、トーストしたバゲットを添える

▽掛川哲司(かけがわ・さとし)
 1978年、神奈川県生まれ。調理師専門学校を卒業後、「オーベルジュ・オー・ミラドー」「レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ(現NARISAWA)」で修業。「デイルズフォード・オーガニック青山店」で2年間シェフを務めた後、2012年代官山に「アタ」をオープン。現在はフレンチカレーの店「グッドラックカリー」、新潟「カーブドッチ・ワイナリー」とのコラボレーション・レストラン「バーマン」、「アタ虎ノ門」など8店舗を営む。自身は19年広尾にオープンしたクラシックなフランス料理と熟成ワインが楽しめる「au deco」で腕を振るい、今年ミシュラン1つ星を獲得。

▽Äta(アタ)
 ヨーロッパの港町にあるビストロがコンセプト。魚介料理をメインにワインが楽しめるカジュアルフレンチ。母親が経営し、弟が醸造家を務める新潟「カーブドッチ・ワイナリー」のワインも充実。

東京都渋谷区猿楽町2―5 1階
℡03・6809・0965

営業時間17~26時(緊急事態宣言中は時短営業、お店に要確認)。日曜定休
東急東横線代官山駅から徒歩6分、JR渋谷駅、恵比寿駅から徒歩10分。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る