【イワシの味噌粕漬け焼き】ヨーグルトでやさしい味わいに

公開日: 更新日:

件(東京・学芸大学)

 イワシのような小さな魚を味噌漬けにすると、どうしても味が強くなりがちだが、これはなんともやさしい味わい。その秘密は、ヨーグルトと酒粕にあり。

「夏に子どもを連れて釣りに行ったとき、大量にアジやイシモチが釣れてどうしようかなと思っていたら、たまたま近くにいた釣り人が、“ヨーグルトを加えた漬け床で味噌漬けにすると、ゆっくり浸透していくので1週間は十分もつよ”と教えてくれたんです」

 さらには味噌と同量の酒粕を加えることで、よりマイルドにするのが川辺流。

 イワシは頭と内臓を取り除いてよく洗ったあと、鮮度を保つため、氷を入れた塩水に漬けて締めるのもおいしさの秘訣だ。

「まだ日にちが浅ければ味噌を軽く残したままで、4日目以降は味噌を完全に落として焼くといいですよ。酒は乳酸菌つながりで生ガンのお燗をぜひ。杯も温めて召し上がってみてください」

 燗につけることで、きゅっと引き締まった風味が、焼き魚の香りとうま味を引き立てる。漬け床は2度まで使え、イワシのほか、サワラやブリの腹身、養殖のハマチなどもオススメだそう。

 《材料》   
・イワシ   適量
・塩     適量
・漬け床(ヨーグルト400グラム、信州味噌白200グラム、酒粕200グラム、水適量/おろしショウガ20グラム、濃い口醤油大さじ1、みりん大さじ1)

 《レシピ》   
(1)イワシは頭を落として内臓を出し、よく洗って5%程度の氷塩水に漬ける。漬け床の材料を合わせる。
(2)①の水分をよくふきとり、漬け床に漬ける。
(3)1~3日は味噌を軽く残して魚焼きグリルで焼き、それ以上漬けたものは味噌をしっかり落として焼く。

今日の達人 川辺輝明さん

▼かわべ・てるあき
 1974年、東京都生まれ。高校卒業後、専門学校を経て、ワーキングホリデーなどで3年ほど海外へ。帰国後、数軒の飲食店で修業をし、三軒茶屋の日本酒居酒屋「赤鬼」から2004年に独立。学芸大学に「件」をオープン。

▼くだん
 東急東横線沿線では横浜に次いで飲食店が多いといわれる激戦区・学芸大学駅前で愛され続けて14年。こだわりの日本酒は定番が40種類で、酒蔵とのコラボによるプライベートブランドもあり。名物は天然素材のみでとったダシで炊いたおでん。

17~24時LO(日・祝23時LO)、月曜定休。
東京都目黒区鷹番3―7―4
東急東横線学芸大学駅から徒歩2分
℡03・3794・6007

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る