五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、09年NHK放送文化賞、10年毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

五木寛之氏「夜明け前を生きる」

公開日: 更新日:

 ステイホームの日々が続いて、最近なんとなく新聞を読むことが多くなった。

 と、いってニュースは速報性に欠けるし、解説記事も、どことなくバイアスがかかっている感じで、いま一つだ。

 そんなわけで、毎朝かならず目を通すのが、読者投稿による川柳の欄である。

 紙面での扱いは、俳句がカルチュアなら川柳はサブカルチュアといった感じで、かなり粗末にされているのだが、これが抜群に面白いのだから皮肉である。寸鉄人を刺す諷刺あり、たくまざるユーモアありで、毎朝、目を通すのがクセになってしまった。

 先日も、入選作のなかに「五輪終」という傑作なフレーズがあり、思わず笑った。「御臨終」と「五輪」のゆく末を掛けた迷文句だが、はたしてどうなりますことやら。

「どんなに長くとも明けない夜はない」とは、シェイクスピアの芝居のセリフだそうだ。猛威をふるったスペイン風邪も、ほぼ3年で収束したらしいから、変異ウイルスもいずれは退散するだろう。しかし、それまでが問題である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る