石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

月30万円に…コロナ禍で成功するオンライン料理教室の秘訣

公開日: 更新日:

糸原絵里香さん(26歳)本業=シェアリングエコノミー協会事務局、大学院生

 本日紹介したいのは、糸原絵里香さん。コロナ禍で家食が増えた人は多い。糸原さんは、そのニーズと見事にマッチして、オンライン料理教室を副業にして成功している。まずはキャリアから聞いた。

「私は島根県出身で、高知大学を卒業後、心理学を学ぶために上京しました。現在は大学院生でもあるのですが、スケジュールが不規則で、長期で定期アルバイトをするのが難しいんです。そこで興味があったシェアリングエコノミー(インターネットを介してモノ・場所・技能などを売買・貸し借りする経済モデル)の領域で自分の得意なものをシェアできないかなと考えていました。そこで料理や家事と結びついたんです。いまは縁あって、シェアリングエコノミー協会の事務局でシェアワーカーの安心・安全な働き方をサポートしながら、副業もしています」

 シェアリングエコノミーの観点を入れると、いままでの家事代行とはイメージがまったく違ってくる。

■料理好きから家事代行に

「料理が好きで、自炊も得意だったので、大学院とのスケジュールも調整できる、家事代行マッチングサービスの『DMM Okan(おかん)』や、『タスカジ』に登録しました。報酬は3時間で5000円くらい。お家に訪問します。冷蔵庫にある食材で数日分のおかずを作ったり、ホームパーティー、お子さま向けのお弁当、離乳食、保存食、ベジタリアンの方向け、化学調味料不使用などニーズはさまざま。実際の家事代行が終わるとレビューや評価をもらえます。次第に数が増え、それを見て依頼してくれる人も増えて単価も上がっていきました。実際に始めてみると、ゲストの方に温かいレビューをいただくことができたり、自身のスキルが向上したりと時間のフレキシブルさ以外の良い点も見えてきました」

冷蔵庫にありそうな食材→すぐにレスポンス

 糸原さんは冷蔵庫の中身を見て作れるおかずがすぐ思いつく。試しに冷蔵庫にありそうな食材を伝えてみた。「卵、チンゲンサイ、レタス、ニンジン、豚肉、油揚げ、豆腐、ピーマン」――。

「そうですね。中華野菜炒め、肉巻き豆腐、レタス酢味噌和え、ニンジンと油揚げの梅煮、ピーマンかば焼き、ニンジンしりしりなど作れます。同時進行で作るので、全部を1時間以内で作れると思います。また、味の好み、食感、脂少なめ、消化に良い、調理法などを指定してくだされば合わせます。肉は焼かずに茹でて油を落としたり、少し味を濃いめで煮て冷凍しても劣化しにくくしたりもできます。発注者は仕事をしている女性が多いですね。自分の好みの食材で1週間分のおかずが作れ、外食より断然コスパが良いので。家事代行での収入は月に10回ほどで5万円くらいですね」

 適当に言った食材だったが、すぐにレスポンスしてくれた。これが人気の秘訣だろう。糸原さんはさらにコロナ禍でニーズが高まっているオンラインサービスも始めた。

「家事代行をしていて、料理の様子を動画で撮りたいと言われることが増えてきたんです。これは配信のニーズがあると思い、ストアカでオンライン料理教室を始めたら、参加者の方が予想以上に多く、継続もできています。開催回数はもうすぐ200回。累計参加者は5000人を超えました。参加費は1回1000円。リピーターの方が多いですね。1回の参加者は20~30人で、テーマは、『お弁当』『時短料理』『1時間5品』など工夫しています。他の配信者も増えてきて競争が激しいですが、昨年の最盛期で月に60万円くらい。いまは平均的に月30万円ほどの収入につながっています」

 糸原さんの快進撃は続き、大手料理教室のオンライン時のコンサルティング、企業の福利厚生のコンテンツ提供などへ仕事の幅を広げている。食べるというテーマに終わりはない。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る