47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

公開日: 更新日:

 緊急事態宣言の対象に3道県が追加され、まん延防止等重点措置についても新たに3県が適用されることになったが、小出しの泥縄対策で新型コロナウイルス第4波の勢いを抑えるのは不可能に近いんじゃないか。

 直近1週間(5月8~14日)の47都道府県の1日の最多感染者数を調べた〈表〉。16道県がこの1週間で過去最多を更新している。14日は、岐阜、熊本、大分で過去最多だった。

 26都道府県が新規感染者数の「ステージ4」(爆発的感染拡大)超え。東京の人口に換算すると13都道府県が1000人を上回る。

 足元の感染状況は深刻そのものだが、それでも“嵐の前”である可能性がある。西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏(感染症学)が言う。

「英国では昨年12月に変異株が流行の主流になり、今年1月に新規感染者数のピークを迎えています。国立感染症研究所は全国で90%以上が英国株に置き換わったと報告しています。英国株が先行して広がった関西は6月に向けて新規感染者が減っていく可能性がありますが、全国的には拡大傾向が続くとみています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  5. 5

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る