井上理津子
著者のコラム一覧
井上理津子ノンフィクションライター

1955年、奈良県生まれ。「さいごの色街 飛田」「葬送の仕事師たち」「いまどきの納骨堂」など著書多数。

<14>「女性専用墓」シングルも既婚も購入、生前は“墓友”らと交流を持つ

公開日: 更新日:

 女性専用墓なるものができている。「え? なんのために?」と思う向きもあろうが、需要があるから存在するのである。

 東京都府中市の霊園に20年前から立つのが、ずばり「女性のための共同墓」という名の墓。運営する新宿区のNPO法人「SSSネットワーク」理事長で、80年代に著書「女が家を買うとき」が話題になった作家の松原惇子さんはこう話す。

「女性たち、ネットワークをつくって楽しく生きようよ、と花見会、食事会、終活講演会などで交流しているんです。『女たちの共同墓』はそんな仲間、つまり“墓友”たちが集う場所です」

 費用はNPOへの入会金1万円、年会費1万円。墓の契約は別途28万円。60代を中心に500人が生前契約し、すでに45人が墓に入っている。生前契約したデザイナーの女性(63)は、「私は一人で自由に生きてきたのだから、お墓も自由に選んでいいでしょう?」と言った。

 かたや、6年前に埼玉県鳩山町の高台にできた樹木葬・共同墓形式の女性専用墓「なでしこ」は、シングルばかりか既婚女性も購入している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか