井上理津子
著者のコラム一覧
井上理津子ノンフィクションライター

1955年、奈良県生まれ。「さいごの色街 飛田」「葬送の仕事師たち」「いまどきの納骨堂」など著書多数。

<12>誕生から20年余…都立霊園利用者の半数に迫る「自動搬送式納骨堂」

公開日: 更新日:

 首都圏の駅構内や電車の中で、「〇〇駅から徒歩△分」「手ぶらでお墓参りができる」といった広告をよく見かけるようになった。「自動搬送式」の納骨堂だ。

「従来のお墓のイメージとはかけ離れていて、パンフレットを見た時は『嫌だ』と思いました。ところが、妻に引っ張られて見に来て、気が変わったんです」

 こう話すのは、東京都内の自動搬送式納骨堂を2年前に一式80万円で購入した北村康さん(65=仮名、世田谷区)。

 高級マンションやホテルを思わせる建物が多く、立体駐車場と倉庫を組み合わせたような仕組みだ。パネルにICカードをかざすと、コンピューター制御の保管庫から骨壷入りの箱が参拝ブースに運ばれ、共用の墓石にセットされる。

 北村さんは鳥取県出身。県内の墓地に実家の墓があったが、東京暮らしが長く、鳥取に戻る予定はない。父と母の七回忌を終えた後に「墓じまい」し、遺骨を納骨堂に移転させたのだった。

 遺骨移転の受け入れ先は霊園、寺の境内墓地、樹木葬など各種ある中、妻が「利便性」「美しさ」を理由に自動搬送式納骨堂を断固推した。「土の上に立つお墓」にこだわろうとした北村さんだが、「通常のお墓の約半額」は魅力だった。寺の経営とはいえ、販売も管理運営も別会社。「倒産する可能性も?」とよぎった不安は、「そうなった時のこと」と割り切れたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?