台湾地震M7.2と日本列島北から南まで大揺れの「不気味な共通項」

公開日: 更新日:

 犠牲が増えないことを祈るばかりだ。3日、台湾東部の花蓮県沖およそ25キロを震源とするマグニチュード7.2の地震が発生。台湾の消防当局によると、震度6強を観測した花蓮県で9人が死亡し、各地で1011人が負傷した。倒壊するなどの被害が確認されている建物は173棟に上るという。

 日本でも沖縄県与那国島で震度4を観測。気象庁は宮古島・八重山地方と沖縄本島地方に一時、津波警報を発表した。与那国島と宮古島で最大30センチ、石垣島で20センチの津波を観測した。

 年初に襲った能登半島地震を皮切りに、今年に入って日本列島は北から南まで揺れに揺れている。過去1カ月間だけでも、震度4以上の地震があちこちで発生している状況だ(別表)。

 台湾地震も日本で頻発している地震と関連があるのか。立命館大環太平洋文明研究センター特任教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)がこう言う。

「西日本が乗るユーラシアプレートとフィリピン海プレートの境界は、千葉から南西諸島までつながっており、南海トラフや南西諸島海溝(琉球海溝)を形成しています。東日本は北米プレートに乗っています。フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界の北東側で地震が発生すれば千葉を中心に揺れ、南西側で発生すれば沖縄や台湾が揺れる。発生場所は違えどメカニズムは同じです。日本列島の東側から太平洋プレートに押し込まれた北米プレートやフィリピン海プレートによって、ユーラシアプレートとの境界付近で地震が発生し、北は北海道から、南は九州・沖縄、台湾まで揺れているのです」

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ