著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。 日刊ゲンダイDIGITALで連載「名門校のトリビア」を書籍化した「名門校の真実」が好評発売中。

悠仁さま「オックスフォード大進学」再浮上のナゼ…昆虫標本が充実した自然史博物館の存在

公開日: 更新日:

悠仁さまの留学を改めて検討すべきとの声が宮内庁の一部で出ている」と話すのは同庁OB。大学選びが難航している筑波大付属高校3年の悠仁さまだが、有力候補のひとつとして挙がっていた英オックスフォード大が再び浮上しているもようだ。同大が取り沙汰されるようになったのは2カ月ほど前。「秋篠宮家が視野に入れだした」と女性誌やネットニュースが報じたのだ。ところが、この話はまもなく立ち消えになる。

■高円宮家の長女・承子さまのケース

「皇族が高校を出てそのまま海外に留学した例はほとんどなく、実現は難しいとの見方が広がった」(皇室記者)からだ。オックスフォード大には徳仁天皇、秋篠宮さま、“ヒゲの殿下”寬仁親王の長女・彬子さまが留学しているが、いずれも学習院大を卒業したあと。それでも、悠仁さまの留学説が流れた当初は可能性があるとみる宮内庁関係者も少なくなかったという。その根拠となったのは高円宮家の長女・承子さまのケースである。

 学習院女子高から学習院女子大に内部進学した承子さまだったが、通学することはなかった。籍を置いたまま渡英し、エディンバラ大に入学。翌年には学習院女子大を退学し、正式にエディンバラ大の本科生となった。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪