• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エロス薬膳師がアドバイス「勃起力よみがえる最強メニュー」

「いざ鎌倉!」の大事な時に肝心のモノが勃起しない。突入を果たしたのにもかかわらず、体位を変えようとしたとたんに中折れ……。

 そんなトホホな中年たちに「エロスの薬膳」を提唱するマダム晴子氏が、勃起不全・中折れを防ぐ最強の食材を紹介してくれた。

 臨戦態勢にある女性に対し、「きょうは酒の飲み過ぎかな」「体調が悪くて」と弁解する。だが、そんな言い訳が二度、三度と通用するわけもない。縁あって“合体”の機会ができたのに、これでは男の沽券にかかわる。

「私は薬膳師としてこれまで数多くの勃起不全、中折れ男性の悩み相談に乗ってきました。また、男性の中折れは、女性にとっても今や深刻な問題です。特に最近は妊活中の30代女性からの“相手が求めてこない”といった切実な相談が増えています。古来、中国では医食同源の思想に基づき、食べ物で心と体を補強しようとしてきました。体質や症状に合わせて食材を選ぶ弁証施膳という方法で、弱った勃起力を改善させるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る