エロス薬膳師がアドバイス「勃起力よみがえる最強メニュー」

公開日:  更新日:

「いざ鎌倉!」の大事な時に肝心のモノが勃起しない。突入を果たしたのにもかかわらず、体位を変えようとしたとたんに中折れ……。

 そんなトホホな中年たちに「エロスの薬膳」を提唱するマダム晴子氏が、勃起不全・中折れを防ぐ最強の食材を紹介してくれた。

 臨戦態勢にある女性に対し、「きょうは酒の飲み過ぎかな」「体調が悪くて」と弁解する。だが、そんな言い訳が二度、三度と通用するわけもない。縁あって“合体”の機会ができたのに、これでは男の沽券にかかわる。

「私は薬膳師としてこれまで数多くの勃起不全、中折れ男性の悩み相談に乗ってきました。また、男性の中折れは、女性にとっても今や深刻な問題です。特に最近は妊活中の30代女性からの“相手が求めてこない”といった切実な相談が増えています。古来、中国では医食同源の思想に基づき、食べ物で心と体を補強しようとしてきました。体質や症状に合わせて食材を選ぶ弁証施膳という方法で、弱った勃起力を改善させるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る