いまや日本は「整形大国」 介護時を意識して“女性器”にメスも

公開日:  更新日:

「親の介護をキッカケに考え始めるようです。彼女たちは、自分が将来、寝たきりになったときに嫁やヘルパーに“見られる”ことを意識するといいます。そもそも形や大きさにコンプレックスを持つ女性は多い。相場は20万~30万円台です」(にらさわ氏)

 見られても恥ずかしくない形や大きさが気になるが、“備えあれば憂いなし”とはこのことか。

 一方で、美容医療の事故も後を絶たない。

「エステサロンに取材すると、脂肪吸引は、『美容クリニックで数十万単位の施術を受けたのに結局もとに戻った』と駆け込むお客さんが少なくないと聞きます」(にらさわ氏)

 テレビCMで有名なクリニックでも、数年前、鼻が壊死する事故が報じられて話題になった。

 西山美容・形成外科医院院長で日本美容医療協会理事の西山真一郎氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る