• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いまや日本は「整形大国」 介護時を意識して“女性器”にメスも

「親の介護をキッカケに考え始めるようです。彼女たちは、自分が将来、寝たきりになったときに嫁やヘルパーに“見られる”ことを意識するといいます。そもそも形や大きさにコンプレックスを持つ女性は多い。相場は20万~30万円台です」(にらさわ氏)

 見られても恥ずかしくない形や大きさが気になるが、“備えあれば憂いなし”とはこのことか。

 一方で、美容医療の事故も後を絶たない。

「エステサロンに取材すると、脂肪吸引は、『美容クリニックで数十万単位の施術を受けたのに結局もとに戻った』と駆け込むお客さんが少なくないと聞きます」(にらさわ氏)

 テレビCMで有名なクリニックでも、数年前、鼻が壊死する事故が報じられて話題になった。

 西山美容・形成外科医院院長で日本美容医療協会理事の西山真一郎氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る