チャンス! 一粒で二度おいしい「12月株主優待」21社

公開日: 更新日:

 今年の「12月株主優待」はひと味違う――。証券界が騒いでいる。

「来年1月からNISA(少額投資非課税制度)がスタートします。年間の投資限度額は100万円までと決まっているので、投資できる銘柄数は限定される。個人投資家は少しでも“お得感”のある株を買おうとするはず。株主優待の注目度が、これまで以上に高まるでしょう。そこで先回りして、株主優待の充実している銘柄を年内に買っておく。1月以降の株高が期待できるというわけです」(市場関係者)

 それも12月に株主優待が確定する銘柄に狙いを定めれば、優待をゲットできるうえ、年明けからの株価上昇の恩恵も受けられる。1粒で2度おいしい「グリコ」みたいなお宝株だ。

 しかも12月優待は食事券やビールなどサラリーマン向きの特典が多い。マクドナルドはハンバーガーの無料券、ダイナックはダイニングバー「響」で使える食事券、チムニーはグループの居酒屋「はなの舞」で利用できる優待券、アサヒグループは株主限定ビールなど。映画好きだったら、シネコンなどで新作が見られる東急レクリエーションがオススメ(記事末尾参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る