米利上げが引き金 “暴落シグナル”点灯に市場警戒モード

公開日: 更新日:

 米利上げが、市場を混乱させている。

 14日に行われた米FOMC(連邦公開市場委員会)での利上げ決定は想定内だったが、為替相場の動きが不自然なのだ。本来なら、日米の金利差拡大から円安・ドル高に向かうのに、逆方向に振れ、円高が進行。14~15日のドル円相場は一時1ドル=108円台と約2カ月ぶりの円高水準をつけた。

「金融市場は、米金利上昇が米国経済に悪影響を与えかねないと判断したのです。だからドルを売り、安全資産といわれる円を買う動きが加速した。しばらく円高は継続するでしょう」(市場関係者)

 円高を嫌って、株式市場は下落した。15日、日経平均は前日比51円安の1万9831円と4日続落だった。

「下値メドの1万9887円を下回ったことで、チャートは大きく崩れました。下落シグナルが点灯したといえます。次の節目は1万8648円。現状から1000円ほど下ですが、今後はこの水準を目指す動きになると思います」(株式アナリストの黒岩泰氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る