中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

現預金選好の高齢化社会でキャッシュレス化は絵に描いた餅

公開日: 更新日:

■個人資産は現預金が半分以上

 一般的に金融資産保有者は、退職金を受け取り老後に備える高齢者が多い。元本割れの不安のない現預金が選好されるのは当然だ。

 その現金志向で日本のキャッシュレス比率は16年時点で19.8%(韓国96%、米国46%)にすぎない。政府はキャッシュレスの普及を推進するが、現預金選好や、高齢化社会では普及するわけもない。都心にいて老人をあまり見ない政治家などは知らないだろうが、ベッドタウンを平日歩くとすれ違うのは老人ばかり。買い物に行けばレジで老女が財布から小銭を出している。

 また、老人はスマホを保有していないし、審査のあるクレジットカード保有者も少ないだろう。

 まして、スマホ決済の利用規約を読むと私でも理解困難な専門用語が並び「同意しますか」と聞いてくる。同意しないとキャッシュレス決済サービスは受けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  8. 8

    義憤に駆られ…児童400人の給食代を肩代わりした男性に喝采

  9. 9

    美空ひばりのAI頼み…NHK紅白が令和元年に迎えた“往生際”

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る