年金受給開始75歳繰り下げなら…86歳まで生きなければ大損

公開日: 更新日:

 次の国会で提出される5年に1度の年金財政の検証は、国民に痛みを強いる材料となるものだ。少子高齢化で5年前よりも逼迫しているのは確実で、現在は60歳から70歳までの間とされる年金受給開始時期を75歳まで繰り下げる議論が活発になる可能性は高い。厚生年金の加入期間も、現在の70歳から75歳に引き上げられるとみられる。少しでも長く働いて、年金の受け取りスタートは後ろにずらす――。そんな人をどんどん増やそうという政府の考えが浮き彫りになってくるはずだ。

 それでは受給開始を75歳まで遅らせたとき、何歳になれば65歳に受給したときよりも得をするのか。

 まず厚労省の試算によると、75歳で開始した場合に受け取る基礎年金額は年間147万2877円となる。65歳で受け取った場合は77万9300円だから、額面でほぼ2倍になる計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

  10. 10

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

もっと見る