藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

超割安水準「コプロ・HD」建設業向けの人材派遣で急成長

公開日: 更新日:

 米国株式市場で、NYダウ、S&P500株価指数、ナスダック指数の主要3指数が揃って、史上最高値を更新後は若干一服状況です。ドル円が107円台の円高傾向で、日本株は上値の重い展開が続いています。今後は、ドル円相場や、海外株式の相場動向に左右されにくい内需関連の新興市場銘柄に分がありそうです。

 今回ご紹介するのは、今年3月に東証マザーズに新規上場した建設エンジニア・プラントエンジニアのアウトソーシング事業をメインビジネスとするコプロ・ホールディングス(7059、東証マザーズ=投資金額約21万円)です。

 人材派遣ビジネスは、自社で正社員として雇用した人材を派遣して、派遣先からもらう派遣料と、従業員に支払う賃金の差が主な収益源です。だからこそ、人材確保が大切な経営課題です。建設業界は、業界全体の施工管理者の高齢化と働き方改革での残業減少で、空前の人手不足です。来年に東京五輪を控え、首都圏を中心に建設現場での施工管理者需要は旺盛で、大手ゼネコン5社向けなどに人材派遣を拡大しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る