藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之株式評論家

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

超割安水準「コプロ・HD」建設業向けの人材派遣で急成長

公開日: 更新日:

 米国株式市場で、NYダウ、S&P500株価指数、ナスダック指数の主要3指数が揃って、史上最高値を更新後は若干一服状況です。ドル円が107円台の円高傾向で、日本株は上値の重い展開が続いています。今後は、ドル円相場や、海外株式の相場動向に左右されにくい内需関連の新興市場銘柄に分がありそうです。

 今回ご紹介するのは、今年3月に東証マザーズに新規上場した建設エンジニア・プラントエンジニアのアウトソーシング事業をメインビジネスとするコプロ・ホールディングス(7059、東証マザーズ=投資金額約21万円)です。

 人材派遣ビジネスは、自社で正社員として雇用した人材を派遣して、派遣先からもらう派遣料と、従業員に支払う賃金の差が主な収益源です。だからこそ、人材確保が大切な経営課題です。建設業界は、業界全体の施工管理者の高齢化と働き方改革での残業減少で、空前の人手不足です。来年に東京五輪を控え、首都圏を中心に建設現場での施工管理者需要は旺盛で、大手ゼネコン5社向けなどに人材派遣を拡大しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    総務省に新疑惑!東北新社に「脱法スキーム」指南の可能性

もっと見る