18年度「内部留保」が7年連続更新 過去最高の463兆円超

公開日: 更新日:

 財務省が2日発表した法人企業統計で、企業が貯め込んだ2018年度の「内部留保」が前年度比3.7%増の463兆1308億円となり、12年から7年連続で過去最高を更新したことが分かった。

 内部留保は売り上げから経費や税金、配当などを差し引いた後の利益を社内に蓄積したもの。過剰な内部留保が景気を冷え込ませているとして、従業員の賃金や設備投資に回すべきだとの議論がある。しかし、19年度も米中貿易摩擦による先行き不透明感から内部留保を積み増す企業が多く、さらに増えるとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る