新橋に展示された沈没船の10億円財宝はすべて贋作だった!

公開日: 更新日:

【読み切りドキュメント 美術商の事件簿】(下)

「男のロマンですよね」

 この会場に私を誘った辻本という男が耳元で呟いた。辻本の話によると、ここに展示されている壺や宝石は約50点で、総額10億円以上。これまでに引き揚げられた財宝の一部だという。

 だが、展示品は売買が目的ではないようだ。

「ここにある財宝は、比較的浅瀬に沈んだ沈没船から回収したものなんですよ。でも南米エクアドル沖の深い海には、もっと大型の貨物船が沈んでいて、それを引き揚げれば、数十億円、いや、100億円を超える財宝が出てくるってんですよ」

 辻本が得意げに説明する。

「それは誰の説なの?」と私は聞いた。

「これですよ、この週刊誌を見てください。ここにほら、“凄腕トレジャーハンター”って紹介されているでしょう。このイギリスの有名な海洋考古学者が言ってるそうなんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    「いっちょうけんめいやります」誕生秘話…二つ目昇進時に

もっと見る