「グローリー」急速に広がる自動決済端末で存在感を高める

公開日: 更新日:

 今年4月に新札の発行が発表された。2024年度をメドに、実業家の渋沢栄一が採用された新1万円札などが発行される。このニュースが流れた際、市場では紙幣を数える機械を手掛けるグローリー(6457)に注目が集まった。

 銀行をはじめとする金融機関にはおなじみの会社だ。1950年に国産初の硬貨計数機の開発に成功。以降、通貨処理機メーカーとして活躍の場を広げている。金融機関における市場シェアは7割とトップだ。

 一方で、キャッシュレス化は進む。現金離れを意味するので逆風ともいえそうだが、近ごろスーパーなどに置かれている「釣り銭機」は同社のフィールド。レジで商品のバーコードを読み取り、支払いは自動決済端末という店が増えてきた。こうした機械は、クレジットカードや電子マネーといったキャッシュレスだけでなく、現金にも対応していることが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る