藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

「global bridge HD」自社開発した保育ロボットが切り札

公開日: 更新日:

 先週は、世界保健機関(WHO)が、新型コロナウイルスの感染拡大についてパンデミック(世界的な大流行)と表明しました。株式市場は大荒れの展開となっています。

 しかし、米国、欧州、中国では、大規模な経済対策・金融緩和が検討され、金利は大幅低下しています。

 日本でも日銀のETF(上場投資信託)の買い入れ額増額や、さまざまな経済対策が検討されています。

 明けない夜はありません。

 世界は、今までエボラ出血熱、SARS、MERSなどを乗り越えてきた実績があります。じっくり、中・長期で優良な高成長銘柄を仕込む好機です。

 新型コロナウイルスで業績に悪影響がある銘柄でなく、業績には直接的な影響の出にくいと考えられる銘柄の中から、銘柄選択するのが賢明です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  8. 8

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る