藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之株式評論家

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

「global bridge HD」自社開発した保育ロボットが切り札

公開日: 更新日:

 先週は、世界保健機関(WHO)が、新型コロナウイルスの感染拡大についてパンデミック(世界的な大流行)と表明しました。株式市場は大荒れの展開となっています。

 しかし、米国、欧州、中国では、大規模な経済対策・金融緩和が検討され、金利は大幅低下しています。

 日本でも日銀のETF(上場投資信託)の買い入れ額増額や、さまざまな経済対策が検討されています。

 明けない夜はありません。

 世界は、今までエボラ出血熱、SARS、MERSなどを乗り越えてきた実績があります。じっくり、中・長期で優良な高成長銘柄を仕込む好機です。

 新型コロナウイルスで業績に悪影響がある銘柄でなく、業績には直接的な影響の出にくいと考えられる銘柄の中から、銘柄選択するのが賢明です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る