中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

142億→2004億円へ 日銀ETF爆買いがなければ株価1万5000円

公開日: 更新日:

 毎朝、毎晩、ニュースは新型コロナウイルスで持ちきりだ。学校の卒業式中止や縮小も話題だが、身近な地元の自治会の次年度予算や役員などを決める年次総会も中止が先週決まり、回覧で住民同意のない次年度予算など結果だけが知らされた。過去に経験したことのないような事態だ。

 書店でフリーペーパーの求人情報誌を見ると「東京2020オリンピック・パラリンピックを支える仕事特集」とある。そこには、「大学生大歓迎、7月・8月だけの短期、時給1600円以上、1日4時間・シフト制」などとあった。仕事内容は、新国立競技場や選手村などで、五輪で使用する競技用具や選手・競技関係者の荷物運搬など引っ越し作業。応募者への説明・選考会は、新型コロナウイルスのため3月中は中止、4月は現状、開催予定だが中止の可能性もあるとなっていた。

 五輪の裏方の人手も思うように集められなければ、競技道具などの運搬や設営もできなかったろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  7. 7

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  8. 8

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る